学び一覧

目的をはっきりさせればブログは楽しく続けられる!

ブログについての記事です。最近副業がはやっていて、ブログのアフィリエイトが注目されています。わたしもブロガーのはしくれとしてアフィリエイトに少しチャレンジしてみました。でもなかなか結果には結び付きませんでした。そんなことを考えていたら、ふとブログを継続的に更新する考え方を思いつきました。そんな記事です。

健康保険のシステムはもう時代遅れ。

会社を辞めたのですが、辞めたことによる影響で1つ驚いたことがありました。それは、国民健康保険。勤めていた会社で納めていた社会保険から国民健康保険に変わることで、収入がなくても支払いが増えるという事態に見舞われました。会社を辞めて少し休憩を考えているかたはご注意ください。

プレゼンで大事なのは、まずコンテンツ、それから伝え方。

フィリピン留学時に英語でプレゼンテーションを行う機会がありました。その場で得た経験から、プレゼンテーションで大事なのはまずはコンテンツだと考えています。話し方の練習ももちろん大事ですが、自分が提案するモノやコトが相手にとってどれぐらい興味のあることなのかを考えることはすごく大事なことだと思っています。

『変わる』大学に行く意味

韓国の学生と話す中で、日本では、大学に行く→大手企業に就職する→安定的に給与をもらう→幸せになる、という戦後から続いてきた日本の幸せになる方程式が崩れてきているのではないかと思いました。自分にとって働くことの意味を大学に行く意味と合わせて考えてみました。

パスポートランキングが私に教えてくれたこと

パスポートランキングを調べる中で、先進国のパスポートは他の国に比較しビザなしで多くの国にいける強さをもっています。このなんとなくの不平等と自分が有利な立場にいるということを学んだ上で、インターネットによって変わる世界に生きる自分がこのままこのポジションであぐらをかいているとやばいぞということを感じたのです。

実感・・。仕事が消えるということ。

現在人がやっている仕事をロボットが担う(奪う)と言われていますが、いまいち実感が沸かない部分がありました。先日くら寿司に行った際に、人がいままでやっていたオペレーションを機械がおこなうってこういうことなのかと実感できる経験がありましたのでそのご紹介です。また、機械化が進む中で人がどういう仕事を今後していくのかを考えてみました。

やりたいことを見つけるまでのプロセスを楽しむという考え方。

仕事についての記事です。よくやりたいことをみつけなさいと色々な人から言われることがありますが、プロ野球選手など小さいときに夢中になったことが仕事になっている人はほんの一握りで、多くの人はやりたいことを仕事にするのは難しいと感じているでしょう。見つけることに執着せずに、色々経験する中で好きなことを増やしていき、人生のどこかで「これだ!」ってものに出会えたらいいのではとゆるく考えています。

不動産屋さんは部屋を売るのではなくて、環境を売るように変わっていくのかもしれない。

不動産ビジネスに変化を感じた記事です。いまでも町の不動産屋さんというと、近場にある物件を紹介するのが主な仕事になっていますが、これからの不動産業は、現在の大手の都市開発会社?がしているように、不動産のみを販売するというより、広い意味で買手が過ごす生活全体(よい病院がある、よい保育園、幼稚園があるなど)をプロデュースする仕事に変わっていっているんだなと感じました。

生活が変わると見える景色が変わります!

サラリーマンは意外と知らない平日の昼間の記事です。会社を辞めてから半年間の充電期間中に公共施設や商業施設にしばしば通い、サラリーマン時代には知らなかった平日の昼間の人々の生活をみてきました。そのみてきた内容を統計を調べながら、あれこれ考えてみたものです。やはりいつもと違った生活をすることは、リフレッシュできるし、自身に刺激を与えることができるのでしばしばやるべきかなと思っています。

まず、やってみるということ。

働き方の記事です。会社勤めをしていると会社の方針、上司&部下との人間関係など色々なしがらみがあります。ただ、自分がそこでしたいことがある人は、エネルギーを振り絞ってやってみることできるというのは大きな強みになると依然勤めていた会社で感じました。一度きりの人生だから、会社を大いに活用してやりたいことをやれる人になりたいと願望も含めて書いています。