メドピア(6095)の株を買うタイミングを考える。(株の積み木8個目)

こんにちは。

『ど』しろうとの株式ブログへようこそ。

(今年中にはこの『ど』がとれるぐらいには成長したいぞっ 🙂 )

今日も前回に続いて個別株のことを書きます。

いくつか本を読みながら、個人投資家はテクニカルなしではトレードはできないのかなぁと感じたりしています。

もちろんファンダメンタルズも大事なのでしょうけど、機関投資家にはかなわないと考えるとチャートの動きから機関投資家が得ているであろう情報を推測しながら同じように動いていくのが大事なのかなと思っています。

さて、今日考えてみる株はメドピア(6095)です。

医師用のSNSサイトなどを運営している企業で、今週の日経ヴェリタスに取り上げられるなどいま勢いのある企業です。

ファンダメンタルズは、自己資本比率が6割程度、流動資産も多く、直近の決算(第2四半期)は好調となかなかよい感じです。

株価はというと・・

好調な業績を反映して、右肩上がりです。

わたしは、7月8日週に一旦購入してみましたが、先週(7月15日週)上髭をつけたのと、信用残高の具合が悪化したのですべて売却しました。

一旦売却したものの、業績は好調ですし、上昇トレンドということでもう1回入り直したいなと思っています。

さて…どこで入るのか。

今回、はじめてボリンジャーバンドとフィボナッチを使って調べてみました。

まずは、ボリンジャーバンド。

続いてフィボナッチ。

この2つの数字をみると、なんとボリンジャーバンドのー1σが1480円、フィボナッチの0.236が1480円と同じ数字になったんですよ~!はじめて使ってみたわたしとしてはこの数字の一致に感激してしまいました。

というわけで、まずはこの1480円を目安にしてみようと思います。ここで反転する様子がみえればこの価格付近で再度購入してみたいなと思います。ここで反転すれば上昇する力が結構あると考えられるようですし。

一方で、このラインをブレイクすればフィボナッチの0.382まで様子をみる感じですかね。

判断の根拠を作りながら投資をすると、いちいち一喜一憂しなくていいなぁと感じます。

ではでは、またねっ 😀 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする