【2020年10月分】相場の積み木

10月になりました。

「涼しい」から少しずつ「寒い」に変わってきました。朝起きると夜中の気温とかけている布団があっていなかったせいか鼻がじゅるじゅるしていることがあります…。周りをみていても急な気温の変化についていけずに風邪っぽい症状になっている人もいますね‥。

相場も気温と同じように急に変化することがありますので、その予兆を見逃さないように注意深く観察しなければ…とかおもいます。

さて、まずは先月までの動きを確認します。

【2020年月別】各指標の推移

【2020年9月】各指標の推移

2月、3月に急落した相場はその後回復に転じ8月まで上昇してきました。しかし、9月に入ってからは下落が続き急落以降はじめて前月比マイナスの月でした。9月の後半から回復する動きを見せ始めていますが、11月に大統領選を控えていることもありますので10月は急な変化に気をつけたい月です。

10月1週目の相場

10月1週目は9月末からの上昇を引き継いだ流れになりました。ダウ、Nasdaqともに前週末比プラスでひけています。商品も金、原油、銅そろって上昇しました。少し気になるのは、米国債の利回りが多少上昇していることです…依然として低利回りなのは確かですが、上昇が続くと少し注意をしたほうがよいのかなと…。VIXと併せて気を付けたいです。

10月2週目の相場

10月の2週目はダウ、ナスダックともに先週末に比べて小幅上昇でした。9月の4週目から上昇が続いたので少し調整でしょうか。商品の先物はまちまちで、金と銅は小幅下落、原油は小幅上昇しています。米国債は利回り下がりました。株価が調整したのに合わせて利回りが下落したので、普通の動きですかね…。VIXが少し上昇したのが気になります。9月から難しい相場が続いてますので、引続きポジションを小さくしつつ大統領選を乗り切りたいです。

10月3週目の相場

10月3週目はダウ、ナスダックともに下落に転じました。1週目→2週目→3週目と徐々に勢いが弱まってきている印象です。商品をみると、金は変わらずでした。原油は下落する一方で、銅は上昇しています。米国債の利回りが急上昇しました…これは株式市場にはマイナスな動きです。Vixはほぼ変わらずです。

大統領選に向けてポジションを縮小する動きが強まっているように感じる10月3週でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする